2016年9月28日

むだ死にしない技術

01 個人的にはあまり好きなタイプではありませんが、ホリエモンこと堀江貴文氏が予防医療をテーマに本を出版されました。彼と「医療」や「健康」などの言葉は失礼ながらあまり接点がないイメージでしたが、昨年から「予防医療普及委員会」を立ち上げて、予防を世間に知らせるための活動を行っているようです。

本の中で「むだ死にしたくなければ歯医者に行け」と題して、歯周病に関しても治療や予防の重要性を述べられていました。紹介している一部の薬剤は、科学的根拠が十分であるとはいえず注意が必要ですが、他の先進国と比較して予防の意識が低い日本人に対して、お口の健康の回復、維持の必要性を訴えていたことは評価できます。

かつてプロ野球の再編問題が取り沙汰されましたが、そこで彼が風穴を開けたように、歯科が抱える問題にも取り組んでもらうこともアリかもしれません。

|

2016年9月25日

継続は力なり

02_3
3月から半年にわたって行われた「臨床基本ゼミ」の最終回に出席してきました。第5回のハイライトは受講生のケースプレゼンテーションです。1本の歯の治療から全顎治療まで様々でしたが、レベルの差はあれ自分が行った処置をスライドにまとめ、発表することがいかに大変で、大切なことかを痛感したことと思います。その分、受け身型のセミナーでは得られない多くのことを学ぶことができたのではないでしょうか。終わってはホッとしていることと思いますが、「継続は力なり」です。臨床をレベルアップできるよう今後も地道に頑張ってほしいと思います。

翌朝は趣味で継続しているランニングで汗を流しました。初めての皇居ランでしたが、お堀とビル群の境界を走る1周約5kmのコースは程よいアップダウンもあり、多くのランナーで賑わっていました。プチレースに出ている感覚で、気持ち良いランとなりました。明日からはまた臨床で汗を流したいと思います。

|

2016年9月20日

MRONJ

001 先週末、名古屋で行われた日本口腔インプラント学会に出席してきました。
今年も様々なセッションがありましたが、その中で印象に残ったのがMRONJ(薬剤関連顎骨壊死)とどう向き合うかについてのシンポジウムでした。
9月15日現在、65歳以上の高齢者の総人口に占める割合は27.3%となり、過去最高を更新しました。中でも女性は初めて女性人口の3割を超えました。特に女性に多い骨粗鬆症ですが、治療にいらっしゃる患者さんには骨折を防ぐための骨吸収抑制剤(ビスフォスフォネート薬など)を服用している方が多くお見えになります。抜歯等の外科処置で顎骨壊死が報告されてから歯科と医科との意見がぶつかり合うことがあり、臨床においても治療介入に悩むこともありました。今回はそれらを解消すべく、歯科医師、整形外科医、内科医のそれぞれの立場からの講演がありました。
整形外科専門医の立場からは、東北大出身で現在仙台でご開業の中條 悟先生から「骨粗鬆症治療医の立場から見た顎骨壊死」について、治療の必要性と歯科医師が持つ疑問についての大変分かりやすいお話しをいただきました。会場の歯科医師からも多くの質問があり、自分も抱えていたモヤモヤ感を消すことができました。今後も平均寿命はますます伸びてくると思われます。歯科医師が健康寿命を延ばすことに貢献できるよう、今後もより医科との連携を深めていきたいと思います。

|

2016年8月28日

卒後研修会

01_2 8月最後の土日は、母校の同窓会卒後研修会に出席してきました。
今年は「顎関節症の臨床 UP-TO-DATE」をテーマに東北大学歯学部加齢歯科学分野の服部教授をはじめ7名の演者から最新の顎関節症に関する考え方について講演がありました。
ここ10年ぐらいで顎関節症への対応は大きく変化し、患者さんの生活背景を考慮したより保存的な治療へシフトしており、大学では各科の先生方が密に連携して治療にあたっている(当たり前のことですが、以前はあまり連携がなかったように思います。)ことも一開業医として共感できました。また現在埼玉医大口腔外科准教授の佐藤毅先生から顎関節症と類似疾患である咀嚼筋腱・腱膜過形成症との鑑別診断についての講演がありました。彼とは大学時代バンド活動で共に汗を流してきた仲間でしたので、活躍されていることを嬉しく思うとともに、自分にとっても大変良い刺激となりました。

|

2016年8月10日

夏期休診のご案内

001 毎日厳しい暑さが続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
今年で62回目を迎える内郷駅前盆踊り大会の準備も順調に進んでいます。今年は回転櫓が29年ぶり新しくなるそうです。完成が楽しみですね。
8月10日(水)午後から17日(水)まで夏期休診とさせていただきます。
休診中はいわき市休日救急歯科診療所をご利用下さい。
ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

|

2016年8月 3日

口腔と生活習慣

1_2 先月、「生活習慣病と口腔ケア」をテーマに開催された第22回口腔保健シンポジウムの内容が新聞に掲載されていました。記事にもありましたが、口の中の健康は全身の健康と深く関連していて、健康寿命を延ばすためには日常のお手入れと歯科医院での専門的なケアが大切になってきます。この中で特に印象に残ったのはパネリストで出演したアナウンサーの中井美穂さんのお話です。中井さんが30歳の時にあの長島茂雄さんから「人生は習慣の織物である」と書かれた色紙をいただいたそうです。当時は意味がよくわかっていなかったが、年齢が上がるにつれ自分の習慣が人生を決めていくことに思い当たったとのことでした。お口の中も同じことが言えると思います。むし歯など、問題になった部分だけの治療を行っても、根本的な解決にはならず、過去の歴史を繰り返します。なぜそのようになってしまったのかを生活背景を含め、患者さんとできるだけ問題を共有しながら診療に取り組んでいけたらと思っています。

|

2016年7月17日

大濠公園

01 先週末は福岡で開催された日本臨床歯周病学会に出席してきました。決して走りに行ったわけではありませんでしたが、時間があれば走ろうとランニンググッズを忍ばせていました。福岡のランニングスポットといえば大濠公園が有名です。1周約2kmでゴムチップ舗装のランニングレーンが整備されています。2日目の朝、早起きできたので目的の大濠公園に向かって走り始めました。ところが全く気がつかないまま90度違う方向に。1km過ぎてようやく間違いに気づいたものの、途中で軌道修正しようと安易に考えてしまい、完全に方向を見失ってしまいました。走った経路を見ると迷いながら走っていることがわかります。ようやく大濠公園についた時にはすでに10kmを走り終えていました。時間も迫っていましたが、折角なので1周だけ走り無事ホテルへ。その後の学会は十分すぎるウォーミングアップが幸いして良いテンションを維持することができました。

|

2016年7月13日

歯科助手認定講習会

002 先月から歯科医師会が主催する歯科助手認定講習会が始まりました。8月下旬まで接遇から臨床に至るまで20以上の多岐にわたる講習が続きます。初日には私から「歯周治療の概要」のお話をさせていただきました。
歯科助手、受付の皆さんは地域の歯科医療をサポートする大切な職業です。講習会で得た知識を生かして、それぞれの医院で活躍して欲しいと願っています。
 

|

2016年7月11日

むし歯予防教室

001 先月、内町小学校1年生を対象に毎年恒例のむし歯予防教室に行ってきました。
赤染め後にお口の中の写真を撮り、上手く磨けない部分を観察してもらいました。この時期は特に奥歯で6歳臼歯と言われる永久歯の歯磨きが大切です。まだ完全に生えていない場合もあり、しっかり毛先を当てられるよう衛生士とマンツーマンで練習しました。授業が終わる頃にはみなさん上手にブラッシングできるようになったようです。これから継続して実践してみてくださいね。
また歯みがきも大切ですが、甘いものをダラダラ食べたり飲んだりするのも注意しましょう。
来年の検診では「むし歯ゼロ」の子供達が増えてくれるのを楽しみにしています。

|

2016年7月 7日

2016 臨床歯科を語る会

2 先週末、2泊3日で臨床歯科を語る会に参加してきました。九州から北海道まで全国のスタディーグループに所属している先生方が会場で昼夜と共にし、歯科臨床について熱く語り合います。SNSにより遠方の先生方との距離感が縮まりましたが、直にお会いしてじっくりとお話できるのがこの会の魅力でもあります。
語る会に合わせ、2月に行われたもくあみ会の事後抄録「咬合崩壊と二次固定」が出版されました。最終日の全体会では「左右的すれ違い傾向症例の補綴処置」についてベテランの先生方から様々な対応とその経過が提示されましたが、この事後抄録で金子一芳先生が書かれた内容とリンクして、対応は一筋縄ではいかない難しさを実感しました。
と思っていたら翌日、患者さんの紹介で「左右的すれ違い傾向」の患者さんがお見えになりました。紹介者が「前後的すれ違い傾向」状態でしたので、不思議な縁を感じています。

|

«共通言語