2018年9月16日

マイクロスコープ

003
当院にマイクロスコープを導入しました。歯冠(歯肉から出ている部分)は小指の爪よりも小さく、口の中に隠れていますので、裸眼では見えにくい部分もあります。
特に根管治療(歯の根の治療)においては、汚染した根管を直接観察することはできません。通常は根管内に挿入した器具やレントゲンの情報、手指の感覚を頼りにした治療になります。例えば昔よくあった銭湯は、その煙突の中を掃除する人がいたと聞いたことがあります。煙突掃除のように直接根管を見て掃除できればよいのですが、そう簡単にはいきません。しかしマイクロスコープにより根の汚染状態やヒビや穴などの状態がはっきり観察でき、まさに煙突の中に入った感覚になります。根管治療だけでなく、様々な治療に活かしたいと思います。

|

2018年9月 9日

経験と貫禄

002_2
本日、いわき市総合保健福祉センターで歯科医師とデンタルスタッフを対象に歯科医療安全管理研修会を行いました。
今回は「救急科からみた医療安全と救急対応」について、福島県立医科大学救急医療学講座教授の伊関 憲先生にご講演いただきました。歯科治療では欠かすことのできない麻酔ですが、歯科医療事故のそのほとんどが麻酔に関することであり、その対応や準備の重要性を説かれました。伊関先生とは年齢が1ヶ月違いということもあり勝手な親近感を感じましたが、これまでの救急医療の最前線で数々の命を救われたご経験や実績が滲み出たお話でした。同い年とは思えない貫禄の違いを感じました。

|

2018年9月 4日

国による歯科医療の違い

001_2
 毎月開催している共立病院歯科口腔外科の医療カンファレンスに出席してきました。歯を失った部分を補うインプラント治療では、その上部構造(インプラント上部の被せ物)の固定法にはスクリュー固定とセメント固定の2種類があります。
 今回は来日したニューヨーク大学歯学部補綴学講座准教授の山野精一先生を迎え、論文として出されている多数のエビデンスをもとに両者の選択基準について、実際の症例を通して講演いただきました。
 先生はハーバードでも教鞭を執られたこともあり、「ハーバード白熱教室」のようなアメリカの授業をイメージさせるユニークなスタイルの講義が新鮮で、とても興味深い内容でした。
 一方で、日本では残せそうな歯がインプラントに置き換わっていることに違和感も感じました。アメリカの国民性や保険制度の影響もありますが、エビデンス重視のアメリカの歯科医療を垣間見たような気がします。

|

2018年8月 9日

夏期休診のお知らせ

01
8月10日(金)午後〜17日(金)の期間、夏期休診とさせていただきます。お盆期間中はいわき市総合保健福祉センター内にあるいわき市休日救急歯科診療所をご利用下さい。なお11日(土)は院長(猪狩)が当番となっております。

|

2018年8月 1日

キャラバン

02
開業して15年が経過し、相棒の5台のユニット(診療台)にそろそろ疲れが見え始めてきました。来年10月には消費税増税も控えていることもあり、購入を検討しているとディーラーさんに相談したところ、早速出前のユニットを積んだ8020ナンバーのキャラバンがお見えになりました。
一般に歯科用ユニット1台で日本の高級車並みの価格ですので、アマゾンのようにネットでポチッとというわけにはいきません。ドクターだけでなく、スタッフからみての使用感やお手入れが気になるところですので、地方の医院にとってこのようなアナログ的な対応は大変ありがたいですね。スタッフの反応も上々でしたので、候補の一つとして検討したいと思っています。

|

2018年7月11日

2018臨床歯科を語る会

 01_3
先週末、「臨床歯科を語る会」に出席してきました。昨年は自分の発表もあり、正直あまり楽しみを感じる余裕はありませんでしたが、今回は昨年までお世話になっていた金子一芳先生の講演を楽しみに参加してきました。先生の臨床はなんと60年にも及びます。
 臨床を始められた当初は戦後復興の最中であり、診療で使う器材は勿論、現在のように情報や知見が簡単に得られる時代ではありません。インターネットやPCやなどの便利なツール存在はせず、溢れかえった難症例を目の前にして、処置には相当困難を極めたに違いありません。僅かな文献はあるものの、唯一の頼りは目の前の患者さんと向き合った臨床記録のみです。
 野戦病院的な歯科医療が多い中、先生は当時から患者さんの口腔内の状態を規格化した写真やレントゲンフィルムに収められました。
そして「ひと」・「くち」・「は」の視点から臨床に臨み、その結果を検証し、得られた知見をフィードバックして次の処置へ繋げていく姿勢を貫かれました。鋭い観察眼に裏打ちされた多くのレポートや書籍は現在、我々歯科医師のバイブルとなっています。
 今回、臨床60年の歴史を紐解かれた講演では、300枚以上におよぶ画像の一つ一つに魂を感じ、所々に発せられる一言に久しぶりに背筋をピンとさせられました。講演後にはサプライズの講演集「補綴臨床60年」を頂戴し、また心新たにした記憶に残る「語る会」でした。

|

2018年6月28日

救急薬品

000
月に一度、地元の歯科医師有志が立ち上げた勉強会を行っています。今回は小名浜で開業している口腔外科出身の高野先生より、救急時の対応として主に容態急変時の救急薬品の使用法についてお話いただきました。
超高齢化社会を迎えた現在、様々な疾患を抱えた患者さんが来院されます。限られた時間の中で体調に配慮しつつ診療にあたっておりますが、時には患者さんの体調が急変することもあります。
お互いに起こってほしくない事態ですが、患者さんが安心して歯科医療を受けられるよう、定期的に研修を行っていきたいと思います。

|

2018年6月24日

歯科助手認定講習会

00
6月24日(日)から本年度の福島県歯科医師会歯科助手認定講習会が始まりました。初日は開講式の後、「歯科アシスタントの仕事と心構え」、「口腔の役目と歯科用語」について私からお話させていただきました。
今回は初めて担当する分野でしたので、理解していただけたか心配でしたが、こちらからの問いかけに対する反応もよく、最後まで興味をもって耳を傾けてくれたようです。
9月までの全5回、受講者が一人として欠けることがなく修得できるよう、そして学んだ知識をそれぞれの現場で活かせるよう願っております。

|

2018年6月13日

むし歯予防教室

01
今年も内町小学校の一年生を対象に、福島医療専門学校の実習生も加わり、むし歯予防教室を行ってきました。毎年染め出し後の口腔内写真を撮影して、自分で評価してもらっていましたが、今回はブラッシング後の写真も加え、どこが磨けていないかを具体的にわかるようにしてみました。小学生の皆さんはおそらく今までで一番ブラッシングをした日になったと思います。
今日の授業で学んだことを家族の皆さんと共有してくださいね。来年の歯科検診を楽しみにしています。

|

2018年6月11日

歯科技工の未来in健康まつり

004
歯と口の健康まつりでは表彰された素晴らしい作品が掲示されていましたが、技工士体験コーナーで小学校低学年の児童が配列した入れ歯もなかなか見事な作品に仕上がっていました。
日本の歯科技工士を養成する教育機関の水準は高く、歯科技工士の技術レベルは世界的にも高い評価を受けている一方で、仕事環境の問題やCAD/CAMの台頭により技工士離れが進み、やりがいを求め海外進出する技工士もいることも耳にします。これまで培ってきた技術や伝統が絶えることがないよう、歯科衛生士不足の問題を含め何とかしたいものです。

|

«歯と口の健康まつり