2018年11月23日

教授就任祝賀会

3
大学の同期会は4年に一度のオリンピックイヤーに開催しています。
今年はその年にあたりませんが、同期の渡辺芳彦君が今春、東北福祉大学の教授に就任したことを祝って臨時の教授就任祝賀会を行いました。
同期は60名弱の少人数でありながら、教授就任は今回で2人目となりました。。彼は卒後、高齢者歯科講座(いわゆる総入れ歯を中心として講座です)から福祉の道へ進まれましたが、我々の専門分野ではないこともあり、現在に至るヒストリーと今後の展望について講演いただきました。
現在、医療・介護の現場では口腔ケアにより合併症の予防が期待されたり、歯の喪失が認知症と関係していることなどから、多職種による連携が求められています。介護施設では歯科衛生士の配置が進んでいますが、診療情報管理士が口腔ケアに力を入れるシステムにすることで在院日数を短縮したり、第一種衛生管理者が職場の健康管理の中で歯科の項目を重視したマネジメントができるようにするなど、歯科医師の立場から福祉を基礎にした口腔ケアが注目されています。
この分野に関わる歯科医療関係者が少ないため、大学やその学生だけでなく、我々歯科医療従事者にとっても貴重な存在です。これからも口腔保健の重要性を他の職種の方々へ伝えていってほしいと願っています。

|

2018年11月 4日

サブ3

 2
サブ3と言われてもマラソンの経験がない方は意味不明な用語かと思います。サブ3とは「Sub-three-hours」、つまりフルマラソン(42.195km)を3時間以内で走りきることです。1kmを4分15秒以内のペースで走りつづけることができれば達成可能ですが、全ランナーの3%しか切ることのできないとても高いハードルです。

そもそも自分がマラソンをはじめたきっかけは、職業病とも言える腰痛に悩まされていたこと、10kg近い体重の増加、そして所属していた勉強会の先生方がマラソンをされていたことにはじまります。真似から始まったマラソンですが、歯周病の患者さんがブラッシングで劇的に口腔内が改善されてくるのと同様に、走るたびに変化する自分に達成感を味わい、それが継続するきっかけとなりました。

2年前には夢のサブ3を達成。しかしその喜びもつかの間、昨年突如顔面神経麻痺を発症し、暫く走ることから遠ざかっていました。幸い目の周囲や頬粘膜の痺れは残ったものの、外見は改善したこともあり、「もう一度サブ3を!」と思いから半年前から水戸黄門漫遊マラソンに向けての準備がはじまりました。

今回のマラソンでは最後の5kmはもう何も残っていないほどメンタル的には一番苦しい大会となりましたが、終わってみれば2時間59分49秒。あと11秒で3時間というギリギリのタイムでしたが、なんとかサブ3を達成することができました。

マラソンは自分の身体を42.195km運ぶというシンプルな競技でありながら、世界のトップ選手でも2時間以上は走り続けねばならない過酷なレースです。1kmの積み重ねが結果となってあらわれます。1歯単位の治療から全顎の治療、そして術後の長期にわたる経過観察など、まさに日々の歯科臨床と通じるものがあります。
 体力的にはサブ3の継続は困難ですが、臨床では夢であってはいけません。現実として達成し続けられるよう精進していきたいと思っています。

|

2018年10月24日

AED

02
これまで使用したAEDが使用期限を迎え、新しいAEDに切り替えました。できれば活躍する事態になってほしくないですが、いざという時は命を助ける重要な機器です。またAEDがあってもしっかり使えないと意味がありません。
今回AEDの切り替えに合わせて救急蘇生の訓練を行い、日本救急医療財団のAEDマップにも登録しました。近隣では東邦銀行内郷支店、綴保育所にも設置しているようです。必要な事態になった際は貸し出しますので、ご活用ください。

|

2018年10月22日

東北大学歯学部卒後研修会

01_2
週末は母校の卒後研修会があり、これまで勉強会でお世話になっていた大先輩の下地先生と「歯の保存力を高める」というテーマで講演させていただきました。自分が卒業後このような場でお話する機会があるとは思っていませんでしたので、人生は何が起こるか分からないものですね。
私にとってのターニングポイントは火曜会という歴史ある歯科臨床の勉強会との出会いにあります。下地先生からは歯にとって重要な組織である歯根膜(歯の根の表面にある組織)の優れた機能を活かす臨床を学びました。
歯の移植はその代表例です。今回は自分が演者としての機会をいただきましたので、特に若い歯科医師の先生方に「歯の保存に全力を尽くし、それを活かす」臨床についてお話ししました。
今回企画、運営された平河内実行委員長をはじめとする卒後研修会実行委員の先生方、大変お世話になりありがとうございました。

|

2018年9月16日

マイクロスコープ

003
当院にマイクロスコープを導入しました。歯冠(歯肉から出ている部分)は小指の爪よりも小さく、口の中に隠れていますので、裸眼では見えにくい部分もあります。
特に根管治療(歯の根の治療)においては、汚染した根管を直接観察することはできません。通常は根管内に挿入した器具やレントゲンの情報、手指の感覚を頼りにした治療になります。例えば昔よくあった銭湯は、その煙突の中を掃除する人がいたと聞いたことがあります。煙突掃除のように直接根管を見て掃除できればよいのですが、そう簡単にはいきません。しかしマイクロスコープにより根の汚染状態やヒビや穴などの状態がはっきり観察でき、まさに煙突の中に入った感覚になります。根管治療だけでなく、様々な治療に活かしたいと思います。

|

2018年9月 9日

経験と貫禄

002_2
本日、いわき市総合保健福祉センターで歯科医師とデンタルスタッフを対象に歯科医療安全管理研修会を行いました。
今回は「救急科からみた医療安全と救急対応」について、福島県立医科大学救急医療学講座教授の伊関 憲先生にご講演いただきました。歯科治療では欠かすことのできない麻酔ですが、歯科医療事故のそのほとんどが麻酔に関することであり、その対応や準備の重要性を説かれました。伊関先生とは年齢が1ヶ月違いということもあり勝手な親近感を感じましたが、これまでの救急医療の最前線で数々の命を救われたご経験や実績が滲み出たお話でした。同い年とは思えない貫禄の違いを感じました。

|

2018年9月 4日

国による歯科医療の違い

001_2
 毎月開催している共立病院歯科口腔外科の医療カンファレンスに出席してきました。歯を失った部分を補うインプラント治療では、その上部構造(インプラント上部の被せ物)の固定法にはスクリュー固定とセメント固定の2種類があります。
 今回は来日したニューヨーク大学歯学部補綴学講座准教授の山野精一先生を迎え、論文として出されている多数のエビデンスをもとに両者の選択基準について、実際の症例を通して講演いただきました。
 先生はハーバードでも教鞭を執られたこともあり、「ハーバード白熱教室」のようなアメリカの授業をイメージさせるユニークなスタイルの講義が新鮮で、とても興味深い内容でした。
 一方で、日本では残せそうな歯がインプラントに置き換わっていることに違和感も感じました。アメリカの国民性や保険制度の影響もありますが、エビデンス重視のアメリカの歯科医療を垣間見たような気がします。

|

2018年8月 9日

夏期休診のお知らせ

01
8月10日(金)午後〜17日(金)の期間、夏期休診とさせていただきます。お盆期間中はいわき市総合保健福祉センター内にあるいわき市休日救急歯科診療所をご利用下さい。なお11日(土)は院長(猪狩)が当番となっております。

|

2018年8月 1日

キャラバン

02
開業して15年が経過し、相棒の5台のユニット(診療台)にそろそろ疲れが見え始めてきました。来年10月には消費税増税も控えていることもあり、購入を検討しているとディーラーさんに相談したところ、早速出前のユニットを積んだ8020ナンバーのキャラバンがお見えになりました。
一般に歯科用ユニット1台で日本の高級車並みの価格ですので、アマゾンのようにネットでポチッとというわけにはいきません。ドクターだけでなく、スタッフからみての使用感やお手入れが気になるところですので、地方の医院にとってこのようなアナログ的な対応は大変ありがたいですね。スタッフの反応も上々でしたので、候補の一つとして検討したいと思っています。

|

2018年7月11日

2018臨床歯科を語る会

 01_3
先週末、「臨床歯科を語る会」に出席してきました。昨年は自分の発表もあり、正直あまり楽しみを感じる余裕はありませんでしたが、今回は昨年までお世話になっていた金子一芳先生の講演を楽しみに参加してきました。先生の臨床はなんと60年にも及びます。
 臨床を始められた当初は戦後復興の最中であり、診療で使う器材は勿論、現在のように情報や知見が簡単に得られる時代ではありません。インターネットやPCやなどの便利なツール存在はせず、溢れかえった難症例を目の前にして、処置には相当困難を極めたに違いありません。僅かな文献はあるものの、唯一の頼りは目の前の患者さんと向き合った臨床記録のみです。
 野戦病院的な歯科医療が多い中、先生は当時から患者さんの口腔内の状態を規格化した写真やレントゲンフィルムに収められました。
そして「ひと」・「くち」・「は」の視点から臨床に臨み、その結果を検証し、得られた知見をフィードバックして次の処置へ繋げていく姿勢を貫かれました。鋭い観察眼に裏打ちされた多くのレポートや書籍は現在、我々歯科医師のバイブルとなっています。
 今回、臨床60年の歴史を紐解かれた講演では、300枚以上におよぶ画像の一つ一つに魂を感じ、所々に発せられる一言に久しぶりに背筋をピンとさせられました。講演後にはサプライズの講演集「補綴臨床60年」を頂戴し、また心新たにした記憶に残る「語る会」でした。

|

«救急薬品