« 全日本大学駅伝 | トップページ | サンタクロース »

2011年11月12日

天気予報器

1111このところ寒暖の差が激しくなり、冬の到来を肌で感じる季節となりました。気温の変化は感じやすいですが、気圧の変化に関してはあまり感じることはないですよね。
先月子供たちがガラスのオブジェを購入してきました。小さいガラスの地球儀に細いパイプのようなガラス管がつながっていて、気圧の変化を見ることができます。ガラス管の入り口から水を入れて気圧の変化を見る、いわば天気予報器です。単純な装置ですが、ちょっとした気圧の変化を感じて水位が上下動するのが不思議です。
晴れの日は右側のガラス管の水面が下がってきます。上昇している時は「雨」。しかし室内に置いていることもあり、たまに大外れしてしまうことも。やっぱりテレビのドンピシャ天気予報にはかないません。でも今の最先端技術はこんなものから始まったんだと思うと、当時の発明者の熱意を肌で感じ取ることができました。


|

« 全日本大学駅伝 | トップページ | サンタクロース »

自然」カテゴリの記事