« 経験と貫禄 | トップページ

2018年9月16日

マイクロスコープ

003
当院にマイクロスコープを導入しました。歯冠(歯肉から出ている部分)は小指の爪よりも小さく、口の中に隠れていますので、裸眼では見えにくい部分もあります。
特に根管治療(歯の根の治療)においては、汚染した根管を直接観察することはできません。通常は根管内に挿入した器具やレントゲンの情報、手指の感覚を頼りにした治療になります。例えば昔よくあった銭湯は、その煙突の中を掃除する人がいたと聞いたことがあります。煙突掃除のように直接根管を見て掃除できればよいのですが、そう簡単にはいきません。しかしマイクロスコープにより根の汚染状態やヒビや穴などの状態がはっきり観察でき、まさに煙突の中に入った感覚になります。根管治療だけでなく、様々な治療に活かしたいと思います。

|

« 経験と貫禄 | トップページ

歯科関係」カテゴリの記事