« 歯と口の健康まつり | トップページ | さくらんぼ狩り »

2019年6月15日

アリオス小劇場

002_2

 今回はじめて劇場の舞台に立ちました。といっても役者デビューしたわけではありません。先日、いわき芸術文化交流館(アリオス)の小劇場でいわき市医師会主催の市民公開講座が行われ、歯と口、喫煙に関するお話をさせていただきました。
画像がステージ背面全体を埋め尽くし、会場のほどよい大きさとマッチして迫力満点。歯科臨床のケースプレゼンテーション等に使えたら臨場感があっていいかもしれません。
ただ演劇やダンス、ライブなどで使う特殊性もあるのか、通常の演者の照らされ方と違い(これが通常かもしれませんが。)、スポットライトが眩しすぎて会場は目を細めないと開けていられないほど(もともと細目ですが・・)でした。
逆にスポットライト症候群という俗語もあり、舞台上でライトを一身に浴びると、その恍惚的な感覚を忘れることができず、「またスポットライトの中に立ってみたい」という気持ちになるそうです。高校時代のバンド活動をしていた頃を思い出すと、何となくその気持ちが分かります。

|

« 歯と口の健康まつり | トップページ | さくらんぼ狩り »

心と体」カテゴリの記事