歯科関係

2018年7月11日

2018臨床歯科を語る会

 01_3
先週末、「臨床歯科を語る会」に出席してきました。昨年は自分の発表もあり、正直あまり楽しみを感じる余裕はありませんでしたが、今回は昨年までお世話になっていた金子一芳先生の講演を楽しみに参加してきました。先生の臨床はなんと60年にも及びます。
 臨床を始められた当初は戦後復興の最中であり、診療で使う器材は勿論、現在のように情報や知見が簡単に得られる時代ではありません。インターネットやPCやなどの便利なツール存在はせず、溢れかえった難症例を目の前にして、処置には相当困難を極めたに違いありません。僅かな文献はあるものの、唯一の頼りは目の前の患者さんと向き合った臨床記録のみです。
 野戦病院的な歯科医療が多い中、先生は当時から患者さんの口腔内の状態を規格化した写真やレントゲンフィルムに収められました。
そして「ひと」・「くち」・「は」の視点から臨床に臨み、その結果を検証し、得られた知見をフィードバックして次の処置へ繋げていく姿勢を貫かれました。鋭い観察眼に裏打ちされた多くのレポートや書籍は現在、我々歯科医師のバイブルとなっています。
 今回、臨床60年の歴史を紐解かれた講演では、300枚以上におよぶ画像の一つ一つに魂を感じ、所々に発せられる一言に久しぶりに背筋をピンとさせられました。講演後にはサプライズの講演集「補綴臨床60年」を頂戴し、また心新たにした記憶に残る「語る会」でした。

|

2018年6月28日

救急薬品

000
月に一度、地元の歯科医師有志が立ち上げた勉強会を行っています。今回は小名浜で開業している口腔外科出身の高野先生より、救急時の対応として主に容態急変時の救急薬品の使用法についてお話いただきました。
超高齢化社会を迎えた現在、様々な疾患を抱えた患者さんが来院されます。限られた時間の中で体調に配慮しつつ診療にあたっておりますが、時には患者さんの体調が急変することもあります。
お互いに起こってほしくない事態ですが、患者さんが安心して歯科医療を受けられるよう、定期的に研修を行っていきたいと思います。

|

2018年6月24日

歯科助手認定講習会

00
6月24日(日)から本年度の福島県歯科医師会歯科助手認定講習会が始まりました。初日は開講式の後、「歯科アシスタントの仕事と心構え」、「口腔の役目と歯科用語」について私からお話させていただきました。
今回は初めて担当する分野でしたので、理解していただけたか心配でしたが、こちらからの問いかけに対する反応もよく、最後まで興味をもって耳を傾けてくれたようです。
9月までの全5回、受講者が一人として欠けることがなく修得できるよう、そして学んだ知識をそれぞれの現場で活かせるよう願っております。

|

2018年6月13日

むし歯予防教室

01
今年も内町小学校の一年生を対象に、福島医療専門学校の実習生も加わり、むし歯予防教室を行ってきました。毎年染め出し後の口腔内写真を撮影して、自分で評価してもらっていましたが、今回はブラッシング後の写真も加え、どこが磨けていないかを具体的にわかるようにしてみました。小学生の皆さんはおそらく今までで一番ブラッシングをした日になったと思います。
今日の授業で学んだことを家族の皆さんと共有してくださいね。来年の歯科検診を楽しみにしています。

|

2018年6月11日

歯科技工の未来in健康まつり

004
歯と口の健康まつりでは表彰された素晴らしい作品が掲示されていましたが、技工士体験コーナーで小学校低学年の児童が配列した入れ歯もなかなか見事な作品に仕上がっていました。
日本の歯科技工士を養成する教育機関の水準は高く、歯科技工士の技術レベルは世界的にも高い評価を受けている一方で、仕事環境の問題やCAD/CAMの台頭により技工士離れが進み、やりがいを求め海外進出する技工士もいることも耳にします。これまで培ってきた技術や伝統が絶えることがないよう、歯科衛生士不足の問題を含め何とかしたいものです。

|

2017年11月16日

診療に関するお知らせ

001
院長が顔面神経麻痺を発症し本日より1週間ほど急遽入院することになりました。
この期間の歯科衛生士によるメインテナンス以外の治療は休診とさせていただきます。
予約をされていた患者さんには順次振替診療のご案内をしております。緊急を要する治療が必要な際は、他院を紹介させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

|

2017年9月27日

院内研修会

0003
火曜日の午後は歯科メーカー「松風」の方々にお越しいただき、スイスEMS社「エアフローマスターピエゾン」の院内セミナーを行いました。以前全国のスタディーグループにより開催された「臨床歯科を語る会」で、この器機による歯周病治療が紹介されていましたが、歯周治療には特別な器機は必要ないと考えており、当時はあまり興味を持ちませんでした。しかし今回このような機会があり、私自身被験者となって除石やPMTCを受けてみると、これまでの超音波スケーラーや歯面清掃装置とかなり印象が変わりました。道具に頼りすぎるのは問題ですが、歯科衛生士が使う器機としての有用性を感じました。今後導入を検討したいと思います。

|

2017年9月24日

歯科助手認定講習会

0002
6月から開催された福島県歯科医師会主催の歯科助手認定講習会が無事終了しました。最終日は100問に及ぶ試験を行いましたが、問題の中には歯科医師からみても難しい問題が・・
自分が担当した歯周治療に関する解答率が気になりましたが、皆さんしっかり解答できていたようです。この講習会で学んだことをそれぞれの現場で生かしてほしいと思います。そしてできる限り長い期間、歯科医療に携わって欲しいと願っています。受講生の皆さん大変お疲れさまでした。また各講師の先生方もご指導ありがとうございました。

|

2017年9月20日

臨床基本ゼミ

003
9月17,18の連休は所属する勉強会主催の「臨床基本ゼミ」が行われ、2日目は「咬合崩壊症例の補綴」についての講義を担当させていただきました。
第4回目となるこの回は、初日に欠損歯列の見方と処置方針から始まり、2日目は欠損の進行段階に応じた実際の治療例などを受講生の先生方と一緒に考えていく流れで、大変責任あるパートです。
2日目の早朝、皇居2週を絡めた12kmのランニングで目を冷まし、講義に臨みました。マラソンではペースを維持して走りきることが大切ですが、3時間の講義前半は、前日からの講師の先生方に作っていただいた流れから外れてしまうと同時にペースを乱した講義となってしまいました。人に何かを伝えることやプレゼンの難しさを痛感しました。来年またチャンスがあればこの反省を生かせるようにしたいと思います。

|

2017年8月27日

拡大鏡

0001
小指の爪よりも小さい歯を扱う歯科治療では裸眼だけでは難しい場面もあり、拡大鏡やマイクロスコープ等を使用して治療を行う歯科医師が多くなっています。拡大鏡には頭からかぶるタイプや、メガネやゴーグルに装着したフリップアップタイプや埋め込み式(TTL) タイプなど、たくさんの種類のものが各メーカーから販売されています。これまで購入したり、貸し出し品を使用したりと色々と試してきましたが、一日中装着できるようなしっくりくるものはありませんでした。
今回おススメの拡大鏡を紹介していただいたので、もし合わなかったらお蔵入りの不安もありましたが、メガネに度が入った埋め込み式の拡大鏡を購入することにしました。オーダーメイドで海外製なので2ヶ月強待ちましたが、装着してみると軽さと使い心地は申し分なく、1日装着しても疲れを感じさせません。目線の切り替えだけで拡大した景色に切り替わるのはありがたいですね。 
来院する子供たちからは「先生、目に何か着けてる! ちょっとこわい。」との声が。子供たちからはあまり評判はよくないようですが、先生自身は変わっていませんのでご安心を。
ただ診療中は着けっぱなしですので、トイレの際には少し工夫が必要なのが難点です(笑)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧